« | »

のだめカンタービレのドラマを見てみた

  • akirin
  • 2006年10月17日 00:02
  • etc

好きな漫画「のだめカンタービレ」のドラマ第1回を恐る恐る見てみた。
漫画原作のドラマって大体が原作ぶち壊しのひどいドラマになる確率が非常に高く、とりあえず第1回だけ見てみようかと。
結論は、「思ってたより良かった」。また次も見てみようかなと思うくらいには。
ミルヒー以外のキャストは合格。特に真澄ちゃんが傑作!!服装とかいろいろそのまんまでイイ!
裏軒の峰父も雰囲気出てるし、鈴木姉妹がちゃんと双子(多分)だったのも原作に忠実でよろしい。
でも原作そのままのギャグを映像でやられても寒いシーンとかあって・・・。その点はまずかったかも。
主要キャストが発表されたとき、玉木宏は茶髪だったので茶髪の千秋なんかイヤダーと思ってたけど、みんなちゃんと原作通りの見た目に変えてきて雰囲気もちゃんと出てるし、俳優陣、制作スタッフ共に努力してるんだなあという感じが伝わってくるので、まずまずなんじゃないかなあ。
千秋がハリセンにブチ切れてるとき、細かいことだけど一緒に見てた旦那が「西に帰れ」って台詞がないとぶちぶち言ってました。「西に帰れ」って台詞が好きだったんだそうだ。よく覚えてたな、そんなの。



Comment:0

Comment Form
入力した情報を記憶する

Trackback:0

この記事のTrackback URL
http://akirin.net/blog/2006/10/17_000247/trackback/
Trackbackの送信元リスト
のだめカンタービレのドラマを見てみた - akirin::blog より

« | »

akirin::blog

Comment
Link
Feeds

page top