akirin::blog » 2006 » 12月

ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス

ゼルダの伝説 トワイライトプリンセスは久々のリアル系ゼルダです!
猫目リンクもあれはあれでかわいかったけど、やっぱり私は大人リンクの方が好きということで。
12月2日に買ってからちょこちょこプレイして、ようやく天空都市まで来ました。計38時間。
えー、面白いと思います。
全く未知のリモコンでの操作も違和感なくすんなり出来て、むしろ今までのコントローラーより快適。
最初のうちは「うーん、なんかどっぷりハマれないなあ・・・」だったんですが、カカリコ村に来た辺りからスイッチ入ったのかゼルダ脳になったのか、どっぷりハマってゼルダを楽しんでます。
難易度的には、時オカ>>>トワプリ>>タクト、といった感じ。
難しかったのは馬車の護衛くらい(何度も挑戦して、とにかく敵優先で馬車後回しでいったらなんとか成功)。
不満点はキャラがアメリカ向けになったのか、日本人の感覚からすると見た目が微妙なキャラが多いこと。
ゼルダ姫は美人だからいいけど、幼なじみのイリアをもう少しなんとか・・・。感動の再会してもアップになると興ざめ。せめてサリアくらいにはして欲しかった。
でもマロは好きです。
お気に入りポイントは、弓を爆弾やスコープと合成できること。
特に「ホークアイ」というスコープと合成すると、スナイパー気分が味わえて面白い。忘れられた里で次々と狙撃していくところは西部劇風のBGMと合わせるとものすごい楽しい!
あとは恒例のミニゲームの数々。
相変わらずこれも楽しいなあ。本編そっちのけでやってしまう。
賞品がハートのかけらや爆弾の最大数が増えるので気合いが入ります!
苦労したのはスノーピークでの雪滑り。獣人の奥さんが速すぎる!ちょっとでもふらつくとあっと言う間に追い抜かれてしまう。
奥さんは剣で攻撃できるので抜かれそうになると攻撃という卑怯な技を使ってなんとかハートのかけらゲット。
ちょっぴり苦労したスモモちゃんの風船割りは、イチゴの風船だけを狙ってコンボつなげていったらあっさり1万点突破できました。
ずっとミニゲームやったりハートのかけら集めしてましたが、そろそろ本編に戻りダンジョンもあと少しみたいなので気合い入れて攻略します。
ミドナの正体が気になるなあ。
ゼルダ慣れしてる人には難しくないけど、まったくのゼルダ初心者から見ると難しいゲームかもしれない。
でも濃いゲームがやりたい人にはオススメです。
個人的なオススメ度・・・A
(S?Eの6段階評価です)
ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス
発売元 任天堂
ジャンル アクションアドベンチャー
機種 Wii
発売日 2006/12/02


のだめカンタービレ 最終回

  • akirin
  • 2006年12月26日 15:17
  • etc

ドラマののだめが無事最終回を迎えました。
思ってたよりもずっとよかったです!!がっかりな出来にならなくて良かった。
上野樹里ちゃんはのだめそのまんまだし、玉木宏は原作の千秋とはちょっと雰囲気が違う感じなんだけど、でも玉木宏自身の千秋でいい!
最終回は大川ロケもよかったですねえ。原作よりもラブ度強めでした。
少しの出番なのにのだめの家族が異様にはまってたこととテンションの高さ!
回が進むにつれ制作側がどんどんのだめの世界に慣れていくのがわかりました。
細かいなあと思ったのがタイトルやマングースがクリスマス仕様になっていたこと、ハリセンのメールアドレスが確か「eto-kozo.kaori-love」になってたことw
で、ケチを付けたいところは一番ラストの千秋がのだめに抱きついてるカット。なんじゃありゃ。すごい安っぽい。
そしてクライマックスの千秋の最後のR☆Sオーケストラの指揮は、原作だと通過点だったけどドラマでは最終回なのでぐっと盛り上げていましたねー。最後の玉木宏は演技じゃなくてマジ泣きだったんじゃないかと思うくらい。
楽器や指揮の練習、役者陣はすごく大変だったと思います。
心を込めて「お疲れ様でした」と言いたいくらい熱演でした、よかったよかった。
特に玉木宏。むちゃくちゃ印象アップ。「こころ」に若い花火師役で出てたときにこの人かっこいいなあと思ってたけど、千秋役はもっとずっとかっこいいね(「功名が辻」の康豊役はヒゲが似合ってなかった・・・)。
年末年始に一挙放送やってくれないかなあ・・・。1話2話だけ消しちゃったんだよー。
その時は消臭プラグのCMもぜひ一緒に。録画で見てるからCM飛ばせるのに消臭将軍だけわざわざ見てました。
のだめもコトーも終わっちゃったのでテレビで見る物がなくなっちゃったなあ。
年末年始の特番はどうもだめだし。
あ、でも今夜の「のど自慢総集編」は絶対見ます。のど自慢は下手なバラエティよりよほど面白かったり。
番組欄見たらあのタンバリン親父が出るようだし!!
リストラ枠だの窓際枠だの散々実況で言われていたのに、銀行の支店長代理だったというオチがステキ。


Wiiについて

  • akirin
  • 2006年12月17日 00:23
  • Wii

Wiiを2週間前に買って、ゼルダやWiiスポを少ない自由時間にひたすらやってましたが、ちょっと落ち着いてきたのでぼちぼち感想などを。
本体。まず小さい。本当にDVDケース3枚分ほどの大きさしかない。邪魔にならないサイズで良し。
見た目もきれいな白で野暮ったくないし、GCに比べるとかなりいい見た目になったと思う。
リモコンは結構持ちやすくていい感じ。今までとは違うコントローラーだしとまどうかと思ったけれど、すんなり入っていけました。
リモコン+ヌンチャクを使うと、既存のゲームの操作もいけそう。
そしてリモコン+ヌンチャクで「おお?」と思ったのは、両手がコントローラーに固定されない自由さ。
両手で1つのコントローラーを持つとどうしても丸まりがちだし肩もこりやすくなるけど、左右が分かれたコントローラーって想像以上に楽ちんです。
リモコンと言えばストラップが切れるということで0.6mmのストラップを無償交換してますが、そのストラップはかなりの強度みたいなのに、どうやったら切れたのか気になるなあ。
Wiiリモコンのストラップの強度をテストしてみる – GIGAZINE
Wiiはゲームだけでなく、メールのやりとり、写真を取り込んで加工、ヴァーチャルコンソールでFC,SFC,N64,MD,PCEのゲームがプレイできたりといろいろできます。
またそのうちお天気チャンネルやニュースチャンネル、テレビでネットできるようになるらしいですが、これは12月2日の発売日から出来るようにしておいて欲しかったですね。この点は残念。
そうそう、発売日と同時に出たサード製のソフトですが、評判がいいのはコナミのエレビッツ、バンダイのSDガンダムスカッドハンマーズ、ものすっっごい評判が悪いのがナムコの縁日の達人のようです。
ToTといいナムコは任天堂ハードに手抜きソフトを出すのが好きなんでしょうか?


Wiiが来た

  • akirin
  • 2006年12月4日 13:34
  • Wii

12月2日、こんな時に限って佐川の配達がいつもより遅く我が家にWiiが届いたのは夜の7時。
子供が昼寝しているときにやろうと思ってたのにー。
自由になる時間が2時間ちょいですが、ほとんどWiiにあててます。
思ったよりリモコンの操作がスムーズで抵抗がない。
感想は落ち着いてからゆっくりと。
右腕が筋肉痛ですw


akirin::blog » 2006 » 12月

Comment
Link
Feeds

page top