akirin::blog » 2007 » 1月 » 29

ウィッシュルーム 天使の記憶 クリア後レビュー

ウィッシュルームをやってみました。
渋ーい雰囲気にひかれての購入です。
ストーリーはなかなかヨシ。音楽も雰囲気出ててヨシ。
謎解きは時々つまるところがある程度、でもゲームオーバーに頻繁になりますw
ボリュームもアドベンチャーとしてはちょうどいい程度なんじゃないでしょうか。
DS自体を活かした謎解きには驚きました。頭を切り換えて考えない限り思いつかないです。
おおむね満足だったんですが、不満もあり。
明らかになってない謎とか、これに意味はあったのか?とかいくつか。
ウィッシュルームの舞台ホテルダスクは、人を探している登場人物がほとんど。
主人公以外の登場人物のストーリーも絡んでくるので、この人が待っている人はどうなってるの?と疑問に思っても明かされないままの場合が・・・。
特にある人物がずっと待ち続けている人。エンディングで何もなかったのですごく不満だったんですが、どうやら2周目をプレイすると帰ってくるそうな。
なぜわざわざ2周目クリアしないとダメな仕様にしたんでしょう?
シナリオ分岐があるわけでもなさそうなのに、一本道のアドベンチャーをまたプレイするのはめんどくさい。
そのある人物の持ち物を見たりや話を聞いてると、1周目で帰ってこないのは後味悪すぎ。
1周目でそのある人物の待ち人が帰ってきて(ほんとに気の毒なんですよ(;´Д⊂))、2周目以降は別の人たちの待ち人来たるでよかったんじゃないかなあ。
しょうがないから2周目やるけれど。
個人的なオススメ度・・・B (S?Eの6段階評価です)
ウィッシュルーム
メーカー 任天堂
ジャンル アドベンチャー
機種 DS
発売日 2007/01/25
1/31 追記:
2周目クリアしたら最後にある人が帰ってきたよー。よかった、よかった。
全く同じ話なのに2周目の方が味わい深く感じた。みんなすっきりした顔でチェックアウトしていったし。
これでようやく世界樹の続きが出来る!


akirin::blog » 2007 » 1月 » 29

Comment
Link
Feeds

page top