akirin::blog » 2008 » 8月 » 23

シグマハーモニクス

星野の馬鹿采配でムカムカしてたところを、男子400メートルリレーの銅メダルに心が洗われた。
メダルどうこうより、選手達の喜ぶ姿に嬉しくなった。
80年ぶりの快挙らしい。すごいなあ、おめでとう。

シグマハーモニクスをプレイ中です。
書き換えられた過去を元に戻すミステリーRPGなんですが・・・。
予想に反してバカゲーの類でした(褒めてます)。
公式ブログがこんな状態(しぐままっしぐま)の時点で気付くべきだった。

先に欠点を挙げておくと、雑魚戦の必要性がない&ボス戦だけで十分、調べるときにいちいちメニューコマンドから「調音査」を選ばないといけない等。
せっかくのタッチパネルなんだからこの辺はもうちょっとストレスなくしてほしかった。
あと、調音査モードになると画面固定なので、1画面に入りきらない場合は同じ部屋なのに2,3度調音査しないといけないのも面倒。カーソルキーでスライドできるとよかった。
さらに「超推理」の際、刻音を置き直したい場合は初めからやり直しになってしまうこと。これがものすっごい不便。
システム周りにいろいろと不満があります。

で、面白いと思ったところ。
シグマの超推理。超推理です、ただの推理じゃありません。
間違った推理でも強引にこじつけたり無視したりで勝手に解決したことにしてしまいます。超推理ですから。
正解からほど遠くてもステージボスが弱体化しないだけで倒すことはできるので、めちゃくちゃな推理でも「敵を倒せたからよかったし」という感じで片付けます。
新しい推理物の形と言ってもいいね!シグマのトンデモ推理を楽しむゲームだ、これは。
こういうあさってな方向に飛んでるのを楽しめる人じゃないとシグマハーモニクスはきついかもしれない。

ひどい推理でも一応話は進むのですが、それはなんとなく嫌なのでせっせとSランク目指してやってます。
とりあえず1章2章はS取れました。

シグマハーモニクス
発売元:スクウェア・エニックス
ジャンル:ミステリーRPG
機種:DS
発売日:2008/08/21


akirin::blog » 2008 » 8月 » 23

Comment
Link
Feeds

page top