« | »

わがままファッション ガールズモード

AWAYが合わなかったので売って、代わりにわがままファッション ガールズモードを買ってみました。
決め手はTouch-DS.jp – 社長が訊く 『わがままファッション ガールズモード』

はい。マリオクラブの人たちにプレイしてもらいました。
若い女性が多い中、男性の方もいたんですが、
開発の終盤にある男性が、つかつかとわたしのそばに近寄ってきて、
これ、おもしろかったっす」って言ってくださったんです。

の部分。濃い層も面白いと思えるのなら大丈夫だろうと。
要はすごくしっかりしたお店屋さんごっこ&着せ替えごっこなんだけど、さすが任天堂。「子ども向け」じゃなくて「子どもも楽しめる」作り。つまり幅広い層が楽しめます。

自分の店をオープンしてからが本番。
最初は品揃えも悪いのでお客様の要望に応えられず悔しい思いをしたり、店に置いてあるブランドが好きな客が多めに来るだろうと思ってたら(現実だとそうだよね?)、そんなの関係なく実はいろんなタイプの客が来るのに気付いて失敗したり・・・。
そしておすすめした服が気に入ってもらえると嬉しいね。上手く行くと花びらが舞う演出も面白いw
いやー、ほんと良くできてるよ、これ。
オーナーが若くて金持ちのイケメンという一昔前の少女漫画みたいなお約束にも笑った。しかも執事とメイドまでいる。

ノスタルジックとソプラノが好きだなー。もっと若いときならタースみたいなのがすっごく好きだった(チェック柄に弱いので)
見るだけならカラモモとヒポポタマスもいい。
このゲームに出てくるお客は服にかける予算がすごいなあ。もうそんなに服にお金かけられないよヽ(`Д´)ノ
そもそも育児最優先の服装だからなあ。子どもを走って追いかけられる服装じゃないと
そうそう!仕入れた服は自分が着られるのでいろんな服を自分のキャラに着せて楽しめます。これもまた楽しい。
久々に「これは当たりだ!」と思えるゲーム。

わがままファッション ガールズモード
発売元:任天堂
ジャンル:わがままコーディネート
機種:DS
発売日:2008/10/23



Comment:0

Comment Form
入力した情報を記憶する

Trackback:0

この記事のTrackback URL
http://akirin.net/blog/2008/10/24_120343/trackback/
Trackbackの送信元リスト
わがままファッション ガールズモード - akirin::blog より

« | »

akirin::blog

Comment
Link
Feeds

page top