« | »

ゼノブレイド プレイ日記vol.10

ゼノブレイドプレイ日記です。
今回はクリアまで!
エンディングのことも書いてるのでネタバレありです。

ロウランを倒した後ご丁寧にディクソンが現れて監獄島への道を作ってくれました。
まだまだレベルの関係でクリアしてないクエストがあるけど、ここまできたら行ってしまえーと。
レベル的にサクサク進めるので一気にディクソンの所まで。そんなに苦労もせず倒す。
見ようによってはちょっと感傷的になるディクソンの最後だったけど、こいつはメリアちゃんとカリアン殿下を侮辱したから嫌いだw

そしてついにラストダンジョン。あれ?ワープ先の記憶空間のランドマークが木星になってるよ?
この辺はSF展開でなんとか実験とかよくわかんないんだけど、もともとザンザ(クラウス)は地球の人間、メイナスもどうやら研究仲間で、ザンザ(クラウス)が無茶な実験をやったせいで閉じた空間になってしまい今のゼノブレイドの世界が生まれたらしい。攻略本でも何でもいいので文章での細かい解説がほしいなあ、ネットで考察してるところを読んでなんとなく理解できたけど。
そしてアルヴィースはその実験を管理していたコンピュータで、ザンザが自分の思い通りになるまで世界を作っては壊しを繰り返していたのでずっと監視していたんだそうな。
アルヴィースは巨神や機神より上の存在で、その世界の神みたいなものだと予想していたので全くの外れでしたw

シュルク達がザンザを倒して閉じた世界を解放し、エンディングへ。
エンディングムービーの視点の主はフィオルン。巨神も崩壊したので、新しいコロニーを建設している模様。
ムービー中に他の仲間も出てくるんだけど、メリアちゃんだけ一人でいた。うう、これは寂しい。
ハイエンターの指導者になるんだろうし、上に立つ人間は孤独って事かしら・・・。
メリアちゃんだけ、支えてくれそうな特に親しい人がいなくてかわいそうだー。
ちなみにダンバンさんはマシーナのヴァネアさんとなにやら妖しい雰囲気だった。何もないかもしれないけどさw
そして最後に生身の体に戻ったフィオルンが映ってシュルクといい感じで締め。
非常にスッキリとしたエンディングで満足。

プレイ時間はカンストしちゃったので途中から分からず。多分110時間?
これほど長い時間、据置機のRPGをプレイできたのはダンジョンだろうがなんだろうがどこでもすぐセーブできる手軽さが一番大きかった。
これがなかったら途中で積んでたかも。
もちろん内容も素晴らしいんだけども!!
ここまで作り込んである面白いゲームがプレイできて幸せだなー。



Comment:0

Comment Form
入力した情報を記憶する

Trackback:0

この記事のTrackback URL
http://akirin.net/blog/2010/08/03_181826/trackback/
Trackbackの送信元リスト
ゼノブレイド プレイ日記vol.10 - akirin::blog より

« | »

akirin::blog

Comment
Link
Feeds

page top