akirin::blog » Game » DS

黄金の太陽 漆黒なる夜明け プレイ感想(3時間だけ)

  • akirin
  • 2010年10月30日 12:08
  • DS

黄金の太陽 漆黒なる夜明けソラトロボを買ったけど、ソラトロボの方が時間がかかりそうなので先に黄金の太陽からやることにしました。

黄金の太陽はオーソドックスなコマンドRPGだけど、ジンを使ったシステムが面白い。
またエナジーを利用したダンジョンの謎解きもあったりして、その二つがGBAで出た2作でも気に入ってました。
それからセガサターンでシャイニングフォース3作ったところと同じ製作会社なんですよねー、そこもポイントだったり。

まだ3時間だけのプレイなのであまり多く書くことはないけれど、気になった点を。

相変わらず高橋語のテキストが変だーーーーーーーー!!
これ慣れてる人知ってる人にはいいけど、初めて触れる人には「何この変な日本語」となると思うwww
これが味だし普通の文章になったら個人的には寂しいと感じるけど、知らない人にこれを受け入れろっていうのもちょっとなんだしなあと。
例えるなら、英語を回りくどい日本語訳にした感じです。イベント会話が続くと回りくどくてイライラするw
でもキャメロット製作のゲームで分かりやすい日本語なんて!と思う自分もいるので、難しいところです。
これがないと嫌!みたいなマニアな人ってどれくらいいるんだろ。

もう一つ気になった点はジンの取り逃がしがあるらしいこと。ジンはクラスチェンジに関わっているので、あとからでもちゃんと全部取れるようにしてほしかったな。

武器の熟練度があって技を覚えていったり、ジンの解放や召還などバトルはすごい気に入ってます。
ストーリーよりバトル重視の人にオススメかも。

黄金の太陽 漆黒なる夜明け
発売元 任天堂
ジャンル ファンタジーRPG
機種 DS
発売日 2010/10/28


大神伝の体験版をやってみた

  • akirin
  • 2010年9月9日 16:20
  • DS

昨日から、9/30に発売される大神伝 ?小さき太陽?の体験版がみんなのニンテンドーチャンネルでDLできるようになってたので、さっそく遊んでみましたー。

PS2版大神のフィールド再現度などを見たかったんだけど、体験版は操作のチュートリアル程度。
内容は移動方法や筆調べのやり方、敵との戦い方。
移動は十字キーの斜めがききづらくてちょっと大変。
筆調べはさすがにタッチペンとの相性はばつぐんでやりやすかった。
筆調べのやり方は、LかRボタンを押すと画面が下に切り替わりそこで筆調べ。
画面の切り替わりもスムーズで、筆調べの際上から下へ画面が切り替わるけどほとんど気にならなかった。
戦闘はまあ可もなく不可もなくかなあ。大神の戦闘は単調だったので大神伝はもうちょっと変化があるといいな。

PV見る限り結構再現度は高そうなので楽しみです。
前作ほどのボリュームはいらないけど大神の世界観がちゃんと表現されてるといいなー(大神作ったメインの人が関わってないからそこが心配だったり)

アマテラスはすごいかわいかったので、チビテラスも負けないくらいかわいいことを期待。


世界樹の迷宮3 星海の来訪者:3周しました

  • akirin
  • 2010年5月15日 10:12
  • DS

世界樹の迷宮3を3周しました。マルチエンドなので全部エンディング見たかったし。
前回の世界樹3のエントリーはこちら

2周目以降は1周目で使わなかった職業で行こうと思ってたけど、1周目で使用したキャラ達に愛着が湧いてしまい、結局1周目のメンバーで3周してしまった。
プリンスよりショーグンの方が見た目が好みだったんだけど、プリンスいると探索がしやすくて・・・。

3周した後のギルドカード。

航海図は100%にできた。全部書いたと思ったのに99.95%で「ええー、あと0.05なんてどうやって埋めるんだよ」と思ってたら、島のラインを書いてないだけでも0.02%分らしいので地図を細かく見直して書いてない島のラインを見つけ、それでもまだ100%になってないので仕方なしに再び隅々まで航海にでかける。
すると北と南の海の境目で島のところをひとつだけ海にしていた。これを直してようやく100%。
樹海に潜るより航海に出てた回数の方が多かったなあw

世界樹3はすごく満足した。投げたくなるような不親切な難易度じゃなかったし。定価が1000円上がって、アトラス内製になっただけはあるなあ、バグも大してなかったしね。
次も期待してます!

以下各ルートのラスボスの名前が出てくるネタバレ感想
Read more »


世界樹の迷宮3 星海の来訪者

  • akirin
  • 2010年4月16日 23:52
  • DS

世界樹の迷宮3をプレイ中。発売から2週間経ったけど夢中でやってます。
1,2もプレイしてたんだけど面白いとは感じつつも、3,4層くらいでやめちゃってた。
だけど3はついに第5層の終盤まで来た!

相変わらず難しいんだけど、クエスト達成で経験値が入るようになったり、FOE倒すとちょっと多めの経験値がもらえたりと、レベル上げが多少楽に。
探索もショートカットが増えてるので一度探索し終わった階はさっさと通り抜けられたり、野営地でHPTP回復できるという便利な要素ができた。
さらに今回の新要素「航海」がちょうどいい気分転換に。大航海クエストもさくっとボスに挑めるのでいい。
さらにさらにある程度進むとサブクラス解禁で戦略に幅が出てきて面白くなった。

不満点はというと、世界樹のキモのマッピング、私は宝箱の中身も書いてるんだけど、メディカIII等入力できる文字にアイテムに使われてる文字がないことくらいかなー、ほんとどうでもいいことなんだけどw
メディカ2とか3よりローマ数字入れたいわけよ、そこは。大文字のIを使ってみたら字間あきすぎてなんか違ったし。

印象に残ってるのはやっぱり1階のオオヤマネコのおっそろしい強さ、低レベルで出会う強さの敵じゃないだろう・・・。
さらに1階を踏破して、オオヤマネコもわりと余裕♪な状態で2階に降りたときのフクロウもマジビビりするレベルの強さだった。
終盤もやっかいな敵は出てくるんだけどこちらもそれなりにスキル覚えてるし(銀狐の雷もショックガード10で余裕です)、序盤の方が印象は強いね。

世界樹3はマルチエンディングだそうなので、3周はしてみたいな。
1000円高くなったけど、その分作りはいろいろ良くなった。バグもあまりないし。
ずっと続いて欲しいシリーズです。

世界樹の迷宮III 星海の来訪者
発売元 アトラス
ジャンル 3DダンジョンRPG
機種 DS
発売日 2010/04/01

Read more »


レイトン教授と魔神の笛

  • akirin
  • 2009年12月1日 13:35
  • DS

レイトン教授と魔神の笛をクリア。
ということで感想です。

これでレイトンシリーズも4作目、相変わらず作りは丁寧でおまけも充実してます。
ナゾはちょっと易しかったかなあ?でもこちらはずっとやってるので慣れでそう思えたのかもしれない。
第1シリーズでずっとナゾ製作協力してたMoo.念平が今回はいないようです。
ナゾ関係で一番気に入ったのはおまけのミニチュアトレイン。
全部自力で解けたときの快感ときたら!!8,9,10が特に苦労しました。

ストーリーはシリーズ一微妙。最後の時間旅行がなかなか良かったのでなおさら・・・。
無理にお涙頂戴にしなくてもよかったのでは。
ストーリー関係で言えば、「エピソード」でサイドストーリーが追加されたのがよかった。
あの時この場所でこのキャラはこんなことしてましたってのは結構好きなので。
それから前3作やってるとニヤリとしたり、また納得するようなネタが随所にあったのもよい。
レイトンがフェンシング経験アリとか(悪魔の箱ネタ)、最後の時間旅行の実験事故の話題があったり。
ずっとルークの親はレイトンに子供のルーク任せちゃってるけどいいの?図々しくない?とまあゲームだけども無粋なツッコミを入れたかったが、今回ので納得。

あと、ユラが棒読みなのが非常に気になりました。もうちょっと上手い子使ってください・・・。
デスコールは、渡部篤郎はいつもあんなんなので制作者側のイメージがああいう風なんだろうなと。
大根だと思っていた相武紗季が思ったより良かったのが驚き。

シリーズも4作続くと制作側がたるんだり外れがあったりするものだけど、そういうことはなくこの魔神の笛も一定以上の水準は保ってるのはすごいと思う。
レベル5のソフトがヒットしているのは運もあるけどそれ以上の努力があるし。ほかのメーカーにも見習って欲しいなあ。
運と言えば、映画のヒロインに起用した声優が紅白出場ってすごい。そういう売れそうなものに対する嗅覚がすごいのかなあ。

レイトン教授と魔神の笛
発売元 レベルファイブ
ジャンル ナゾトキ・ファンタジーアドベンチャー  
機種 DS
発売日 2009/11/26

Read more »


Page 1 of 1112345...10...Last »

akirin::blog » Game » DS

Comment
Link
Feeds

page top