akirin::blog » Life » Page 5

アレルギー用ミルクを買ってみた

  • akirin
  • 2008年9月18日 17:32
  • Life

相変わらず全く離乳食を食べてくれないぼく次郎、いつまで母乳が出るかもわからないので少しずつアレルギー用ミルクへの準備を進める。

参考にしたのがおでびびはうすアレルギー対応ミルク(治療用・予防用)・乳糖不耐症用ミルクのページ。
弟から聞いた話だと、アレルギー用ミルクはすごくまずい!そうなので、まずは風味の良いMA-miとミルフィーを候補に。
ぼく次郎はカゼインに反応して、乳清はOKなので、乳清たんぱく質分解物を使っているミルフィーが第1候補。
が、行ってみたドラッグストアはMA-miしか置いてなかったー。とりあえずMA-miを買う。
他にも西松屋含め何軒か行ったけど、アレルギー用ミルクを置いているところが少ない・・・。
こりゃ通販頼みかも。

MA-miでもアレルギー反応が出ないとも限らないので最初はスプーンで1口だけ。
しばらく様子を見たけど大丈夫そう。
MA-miを飲んでくれるかどうかはまた別の話だけどね・・・。
それにしても母乳以外はほんとーーーーーに嫌がる子だなあ。
離乳食だけでなくスプーンも嫌がるようになっているので少し間を空けてから離乳食に挑戦したら、最初の1口は口を開けてくれたけどおかゆ食べて嫌そうな顔をし、次からは手でスプーンを払おうとする
来月には1歳になるのにこんなんでいいのかなあ・・・。


乳児健診 体重が増えない

  • akirin
  • 2008年9月13日 15:32
  • Life

ぼく次郎の10カ月の乳児健診に行ってきた。
運動発達はぼく太郎と比べて心配することはないけれど、代わりに体重が全然増えてない。
7カ月の頃の健診で7800g、今回の10カ月健診で8000g、200gしか増えてないー!!
身長、体重共に成長曲線ぎりぎりだ。
同じ時期のぼく太郎と比べてみたら、体重が2kg、身長が5cmも違ってた。

お医者さんは、小柄ではあるけど心配なら1歳になったらまた正確な体重を量りに来て下さい、だそうで。
その時にまた体重が増えてなかったら何かしらの検査をすることになりそう。

離乳食も相変わらずさっぱり食べてくれないし、食が細い子なんだろうなあ。
食が細くて体が小さくても、あまり病気しないし、元気よくご機嫌に遊んでるからいいけどさ。

ぼく太郎は発達のゆっくりさで悩んで(幼稚園に通うようになってからものすごい勢いで発達したのでとりあえず安心した)、ぼく次郎は食の細さ、体の小ささ、アレルギーで悩んで、何かしら悩み事が尽きないなあ。


アレルギー

  • akirin
  • 2008年9月5日 11:26
  • Life

ぼく次郎の牛乳&卵アレルギーが判明してしまいました。
すべての食べ物飲み物の中で何よりも一番牛乳が好きだ!という私が、妊娠中授乳中牛乳を控えめにしてきたのに・・・。ああ・・・。

ぼく太郎は今のところアレルギーとは無縁なので、全然アレルギーに対する知識がありません。
ぼく次郎のアレルギー判明に動揺してます。
8カ月頃まで1日何度もうんちしてたので、胃腸が弱そうだから食物アレルギーになりそうだなあとちょっと不安だったけど不安が的中(乳幼児は消化器官が未熟だから食物アレルギーが起きやすいと聞いたことがあるから)

そもそも相変わらずさっぱり離乳食を食べてくれないので、10カ月になったしフォローアップミルクを味付け代わりに少し使ってみたんです。
すると2回目で目の周りにじんましんがばーっと・・・。
かかりつけの小児科で相談して血液検査して、今日その結果を聞きに行ってきたんですが。

牛乳クラス3、卵白クラス3、カゼインクラス3、オボムコイドクラス3でした。
カゼインは乳製品などに含まれるタンパク質、オボムコイドは卵の成分で加熱しても分解されない物質です。
β-ラクトグロブリンはOK、これはヨーグルトの上澄みの乳清と呼ばれるもの。
どうしても乳製品を食べさせたかったら乳清ならいいよ、とのこと。
あと小麦もクラス1、もしかしたら反応が出るかもしれないそうです。パンがゆは一度だけ食べさせたことがあるけどその時は反応出ず、でも2回目に出る可能性があるらしい。

そのお医者さんが言うには、アレルギーと正式に判定できるのは医者の目の前で食べさせてみて症状を確認したときだけなのだそうで、そのうち卵は昼間の時間帯の病院で確認してみることになりました。
あと、アレルギーって検査数値が高かったら完全除去食だとばかり思ってたら、数値が高くてもアレルギー症状が出なかったらそれは食べてもいいらしく、逆に数値が低くても症状が出たら駄目(これは当然か)、検査数値に振り回されないように、と言われました。

自分の少ないアレルギーの知識と、今のアレルギー医療が結構違ってるので、子供のアレルギーを解説した最新のいい本ないかなあ。たまひよのは3年前なので、ちょっと古いし。

今回のアレルギーの件でも思ったけど、ぼく次郎はお兄ちゃんのぼく太郎より、甥っ子くんに似ている。
顔もどっちかというと甥っ子に似てるし、体が小さいのも食が細いのも一緒だ。赤ちゃん時代のぼく太郎は丸々とよく肥え、好き嫌いなくよく食べた。
さらに甥っ子は卵&牛乳アレルギーだった。うーん、ますます似ている。
弟一家が帰省したとき、義理妹さんが甥っ子にご飯を食べさせるのにとても苦労していて大変そうだったけど、自分がその「大変そう」な立場になるとは全然考えてなかった。経験者の弟にいろいろ聞いてみよ。
でも2歳になった甥っ子は卵&牛乳はもうOKになったので、そういうところも似て欲しいです。


水いぼ

  • akirin
  • 2008年8月20日 23:57
  • Life

ぼく太郎&ぼく次郎が水いぼになってしまいました。
ぼく太郎は2個だけ、ぼく次郎は小さいのが10個以上、どっちが先になったか分からないけれど・・・。
ぼく次郎のは小さすぎて水いぼだって最初は分からず、数が増えてきたのでひょっとして?と気付きました。

私も子供の頃になったけど、今は水いぼを必ず取るという訳ではないんですね。
ネットで調べたりして分かったことは、
1.水いぼに対する免疫が出来ないと治らない
2.水いぼを取るか取らないかは親の判断に任されている
3.一度かかって免疫が出来たら、もう水いぼにはならない

かかりつけの小児科の話では、「プールに行ってるのなら取った方がいいかも知れないけど、これはもうほんとに親御さんの判断だから・・・」だそうで。
痛い思いをして水いぼを取ってもまたなるかもしれないし、しばらく様子見してみることにしました。
ただ、気休めかも知れないけどイソジンがいいらしいとのことなので、イソジンきず薬をお風呂上がりに綿棒で水いぼにちょんちょん付けてます。
数が増えないといいなあ。


離乳食が進まない

  • akirin
  • 2008年7月31日 10:10
  • Life

今月で9カ月になったぼく次郎、離乳食がサッパリ進んでません。
ぼく太郎の時はそれほど苦労しなかったので、どうしたものやら・・・。

口を開けてもせいぜい4口くらいしか食べないので(ほとんどは1口食べて嫌そうな顔した後、口を真一文字に結んでる)、最初の段階で止まったままです。
4口程度しか食べないけど、割り切って進めていった方がいいのか、それともまだ慣れるのを待つか。

兄弟でも本当に個人差があるんですね。
ぼく太郎は赤ちゃんの時はあまり動くのが好きじゃなかったし、よく食べるし、体重も成長曲線の上の方。
ぼく次郎はあまり飲むのも食べるのも好きじゃなさそうで、ものすごくよく動くし、体重は成長曲線の下の方。
体重が軽めなのが気になります。母乳もぼく太郎の半分くらいの時間でしか飲んでない。

最近は離乳食は遅めでもいいという話もあるし、もうちょっと気長に待ってみます。


Page 5 of 19« First...34567...10...Last »

akirin::blog » Life » Page 5

Comment
Link
Feeds

page top