Home » タグ » 任天堂

Xenoblade プレイ日記vol.3

ゼノブレイドプレイ日記です。

広い広いと文句言いつつ、また隅々まで燐光の地ザトールを探索してランドマークとロケーション、コレペディアコンプ完了。
ここは通り過ぎるだけのフィールドだったけど、ノポン族から依頼されるクエストがあるのでちょこちょここなす。
ノポン族かわいいなあ。

Read more »


Xenoblade プレイ日記vol.2

ゼノブレイドプレイ日記です。
今までのエリアのコレペディアは全部発見した!
でもロケーションがまだ・・・。

Read more »


ゼノブレイド ランドマークとロケーション

ゼノブレイドは燐光の地ザトールまで来た。
ここも広いなあ・・・。巨神の頭までどれだけかかるんだろう・・・。

ゼノブレイドのやり込み要素の一つ、フィールドのランドマークとロケーション発見。経験値がもらえる上にランドマークはそこまで簡単にワープできるのでぜひ発見しておきたいところ。
また、全部のランドマークとロケーションを発見すると地図が完成して全部表示されるようになるので、出来るだけ全部見つけたくてうろうろするからストーリーが進まない一つの要因になってるpp_08.gif
今進んだところだとテフラ洞窟、巨神脚、コロニー6(中には入れないからどちらにしろまだ無理っぽい)が全部見つけてないんだけど、攻略サイト見てもランドマークは載っててもロケーションは載せてないところがほとんどなんだよね。
なのでとりあえず自分が発見した分は載せてみる。
テフラ洞窟はまだ行けないところがあるのでしょうがないんだけど、隅々まで回って地図を表示させた巨神脚がまだ未発見の所があるのはどうして・・・。
マジで分からないよー。知ってる方がいたら教えて下さい。

巨神胎内からヴァラク雪山はこちら
大剣の渓谷から中央工廠まではこちら

6/19追記:燐光の地ザトール追加。巨神脚は全部見つかりました。なんであんなところが分からなかったんだろ。

Read more »


Xenoblade ゼノブレイド

先週木曜日に届いてからXenoblade(ゼノブレイド)プレイ中pp_05.gif
子供が寝てからしかやれないので、まだ全然進んでないですよっと・・・。
プレイ時間は10時間弱なのでレビューできると言うほどやってるわけじゃないので、感想みたいなもの。

ゲームの感じとしては簡単に言っちゃうとFF12の不満点を改良してもっとすごくした感じ。
ゼノブレイドはオートバトルなんだけど、FF12の戦闘よりもっと戦略的に面白くして難易度上がってる。
さらにフィールドは広大で(ガウル平原に出たときはあまりの広さに驚き。これがシームレスで展開してるのかと)、ランドマークやロケーション発見、アイテム探索など探検要素もしっかりある。
敵も序盤のフィールドにはやけに釣り合わない高レベルの敵がいたり、視覚探知や音の探知で襲ってくる敵の違いがあったり、そういう細かい作りがよい。
街の人達から受けるクエストもたくさんで(お使い要素のがほとんどだけど)、寄り道要素がすっごい豊富。
気合い入れて作られてるなーと思いました。
ストーリーも序盤からあんなことになって先が気になってるんだけど、フィールド探索やクエスト消化していきたいのでなかなか進められず・・・w

残念なのは人物のモデリングくらいかなー。もうちょいがんばってほしかった。でもオッサン連中の見た目はいい味ででてるけど。
ただ着せ替え要素があるのはよい。

HD機で云々というのをネット上でよく見かけたけど、SD機だからここまでできたんじゃないかなーと思う。
現段階でこれをHD機でやれるのって海外メーカーしかいないんじゃない?
お金も時間も人もかけられたFF13がああだった時点でまだ国内メーカーじゃ難しいんじゃないかと。
だからゼノブレイドはWiiでよかったと思う。そもそも「なんでWiiなんだよー」って、ファイアーエムブレムをよそのハードで出せって言ってるのと同じくらい無理なんだけどなあw

Xenoblade(ゼノブレイド)
発売元 任天堂
ジャンル RPG
機種 Wii
発売日 2010/06/10


斬撃のREGINLEIV

斬撃のレギンレイヴプレイ中です
すっごい面白い!!
当然モーションプラスでやってます。ズバズバ斬る爽快感がたまらない。
こういうのがやりたかったんだよねー。
最初操作がちょっと微妙?と思ったんだけど、オプションで操作をいろいろと変更できるので攻略wikiなどを参考にしていじってみたら、すごく快適になった。
細かい不満点はあるけどそれ以上に面白さが勝る。
これは言葉で面白さを伝えるのは難しい、百聞は一見にしかず、とにかくやれ!と言いたいソフト。

昨日はオンを1時間くらいやったんだけど、崖から大量に巨神が降りてきたり空から降ってきたりキャーキャーいいながら遊んでました。
会話が定型文だけなのが寂しいなあ。次回作があればWi-Fiの機能をもうちょっと充実させて欲しい。
社長が訊くによると急きょ入れたようなのでしょうがないかなあ。
そうそう、キャラクターデザインがアヴァロンコードと同じ人だった。この人の絵は好きなのです(服飾が細かかったり、色使いとか好き)

20100212001646_01.JPG
TSUTAYAで体験版無料レンタルをした後で予約するとニンテンドーポイントが1000ポイントもらえるということで、普段通販ばかり利用してるけど今回はTSUTAYAで買ってみた。
店内には体験版レンタルの告知がなかったのが残念。任天堂ってこういうコア向けゲームの広報展開がすごく下手だよなあ、もったいない。

斬撃のREGINLEIV
発売元 任天堂
ジャンル 斬撃アクション
機種 Wii
発売日 2010/02/11

Read more »


Page 3 of 712345...Last »

Home » タグ » 任天堂

Comment
Link
Feeds

page top